ボツリヌス療法外来(痙縮外来)

脳卒中でよくみられる運動(機能)障害の一つに痙縮という症状があります。 痙縮とは筋肉が緊張しすぎて、手足が動きにくかったり、勝手に動いてしまう状態のことです。 痙縮では、手指が握ったままとなり開こうとしても開きにくい、肘が曲がる、 足先が足の裏側のほうに曲がってしまうなどの症状がみられます。

痙縮による姿勢異常が長く続くと、筋肉が固まって関節の運動が制限され (これを拘縮(こうしゅく)といいます)、日常生活に支障が生じてしまいます。 また、痙縮がリハビリテーションの障害となることもあるので、痙縮に対する治療が必要となります。



ボツリヌス療法とは

ボツリヌス療法とは、ボツリヌス菌(食中毒の原因菌)が作り出す 天然のたんぱく質(ボツリヌストキシン)を有効成分とする薬を筋肉内に注射する治療法です。
ボツリヌストキシンには、筋肉を緊張させている神経の働きを抑える作用があります。 そのためボツリヌストキシンを注射すると、筋肉の緊張をやわらげることができるのです。

ボツリヌス菌そのものを注射するわけではないので、ボツリヌス菌に感染する危険性はありません。

この治療法は世界80ヵ国以上で認められ、広く使用されています(2014年1月現在)。 日本では眼瞼けいれん、片側顔面(へんそくがんめん)けいれんのほか、 以下の疾患に対して医療保険の適用が認められており、 これまでに10万人以上の患者さんがこの薬による治療を受けています。

  • 痙性斜頸(けいせいしゃけい):首や肩の筋肉の張りによる異常姿勢
  • 小児脳性まひ患者の下肢痙縮(けいしゅく)に伴う尖足(せんそく)
  • 脳卒中などに由来する手足のつっぱり
  • 重度のワキの多汗症

もっと詳しく知りたい方は 「グラクソ・スミスクライン」のページをご覧ください。