今市病院リハビリテーション室

その他

学術・研修

私たちは栃木県日光地区におけるリハビリテーション医療の中核的病院として、高度で専門的かつ総合的なリハビリテーション医療を提供できるよう、スタッフ一同が資質の向上を目指して努力しています。

リハビリテーションには生理学、運動学、解剖学に対する深い知識はもとより、臨床医学に通じる知識と技術が必要であるため学術大会、各種研修会・セミナーへ参加し、専門性を高めています。また、参加費の助成等において全面的な支援を行っています。

 

教育

私たちは自分たち自身はもちろんのこと、後進の育成にも力を入れて取り組んでおります。理学療法士・作業療法士また、セラピストを目指す学生が将来において院外の施設、一般社会にも適応する自律した専門職としての教育を行います。リハビリテーション科内において、症例検討会や各種勉強会、実技訓練の場などを日光野口病院と連携し実施しています。

 

ソーシャルリハビリテーション

退院される患者さんに対しては安全に、『その人がその人らしく』いきいきと生活が送れるように、医療(他院や施設との連携)や介護保険制度、福祉と生活に携わる人々や機関・組織がリハビリテーションの立場から協力しあって行うことを心掛けています。

 

社会資源

心身に障がいを受け『生活障がい』を抱える患者さん及び家族の多くは不安や心配を感じているものです。常に私たちは目の前にいる患者さんや家族が何らかの『生活障がい』を抱えて生活しているということに気を配りながら関わっていかなければなりません。人的資源、物理的資源、施設的資源等、患者さん及び家族が心身の安定を最大限図れるよう社会資源の活用、かつ適切に利用できるよう支援していきます。

 

平成25年度 動向