回復期リハビリテーション透析リハビリテーション地域連携室療養病棟

特色
透析センター概要
臨時透析
フロアのご案内



当院は、世界文化遺産登録社寺「日光東照宮」などの日光国立公園入り口に位置し、自然と文化に囲まれた環境の中で、透析治療を行っています。
日光方面へのご旅行の際の臨時透析も、積極的に受け入れております。
当センターでは血液透析のほか、各種血液浄化療法にも対応が可能です。更に、体外循環療法のみならず、CAPDも実施しております。
入院透析やリハビリテーションを続けながらの維持透析も可能です。
今市病院との連携により緊急対応や夜間透析の対応が可能です。



■透析装置:32台(個人用1台)
ニプロ社製NCUー8、NCU-12

■透析室スタッフ
看護師:8名
臨床工学技士:2名(兼務1名)

■透析開始時間
午前9:00開始
夜間透析は現在今市病院で実施

■設備、その他
ベットに備え付けの液晶テレビ(無料)、及びインターネット回線(有料)
患者様の状態により一部送迎実施



ご希望の臨時透析日時、透析治療方法の概要を下記「お問い合わせ」先に御連絡下さい。
折り返し、可能かどうかご連絡さし上げます。

ご来院前日までに「診療情報提供書」「透析条件」「直近の検査データ」「処方内容」等を郵送又は、FAXでご連絡下さい。

透析当日は、開始時間の30分前にご来院下さい。
又、保険証及び内服薬等の持参をお願い致します。

■お問い合わせ
TEL:0288-50-3111
FAX:0288-50-3112
センター長:森 弘司
メールでのお問い合わせはこちら



■透析診察室
透析患者様専用の診察室が用意されています。

■透析室
ゆったりとしたスペースに透析装置を配置し、車椅子や歩行器、ストレッチャーでの入室も容易に行えます。
窓外には緑の木岐があふれ、透析治療を癒してくれます。

■待合室
待合室も窓外の緑がもれ入り、一時の安らぎを演出しています。
プラズマディスプレイ大画面テレビを用意し、透析開始までの時間をお待ち頂きます。

■更衣室
広々とした更衣スペースに、専用の更衣ロッカーと下足ロッカーを用意しました。

社団医療法人明倫会 日光野口病院
〒321-1424 栃木県日光市野口445
TEL:0288-50-3111
FAX:0288-50-3112
Copyright (C) Nikko Noguchi Hospital. All Rights Reserved.
プライバシーポリシーについて