リハビリテーション室概要
理学療法室
作業療法室
その他



理念

『主体』はいかなる場合でも患者本人とその家族である。
精神及び身体の不自由(障がい)が、『人』としての『価値』を低めるものではないとの認識を、患者本人及び家族とともに『共有』する。
さらに困難を克服するための『具体的な道筋』を示し、希望を与え、『新たな生活のステージへ共に挑戦する』。
スタッフ

リハビリテーション室 リハビリテーション科専任医師:3名
理学療法士:5名(非常勤1名)
作業療法士:2名
看護師:1名(リハ室専従)
連携職種 医療相談員:2名
言語聴覚士:日光野口病院 言語療法室 連携

施設基準

リハビリテーション施設基準 認定施設です。
脳血管疾患等リハビリテーション施設基準(U)
運動器リハビリテーション施設基準(T)
呼吸器リハビリテーション施設基準(T)

特色

当院は急性期医療を対象とした一般病院です。日光地区約9万人の地域医療の中核病院として責任を担っています。
病床数129床、15診療科を有しています。
リハビリテーション対象疾患は 脳血管疾患・整形外科疾患・外科系疾患・内科系疾患・呼吸器疾患・神経疾患等の急性期から亜急性期、回復期までのリハビリテーション医療を担当しています。また、機能の状態、社会的・経済的状況も考慮しつつ、それらに応じた病院、介護関係施設(医療療養型病院、介護療養型病院、介護老人保険施設、特別養護老人施設、その他)への紹介も行います。
立地環境は日光市のほぼ中央(旧今市市街)に位置し、JR今市駅、東武下今市駅、日光自動車道へのアクセスはそれぞれ車で10分以内と非常に便利な場所にあります。宇都宮までは日光自動車道で20分程度で市内に入ります。
また、世界遺産でもある「日光東照宮」があり、これらを含む歴史的観光地、遺産も数多くある素晴らしい環境です。




理学療法とは?
早期歩行の獲得に向けて


病気や怪我などの原因により障がいを受けた人の身体機能や動作・歩行能力を最大限に回復し、早期の社会・在宅復帰を目指しています。

障がいをもった方や高齢の方がよりよい生活が出来るようになるための支援を行っています。

具体的には・・・

私たちは発症後早期のリハビリテーションに従事しています。運動療法・基本動作訓練・日常生活訓練・物理療法などを用いて障がいの改善へ向け努力しています。

また、障がいのみではなく、個々の患者さんを取り巻く環境や社会的立場、価値観、個性などを考慮に入れたリハビリテーションに心掛けています。




作業療法とは?
その人がその人らしく生活していけるように


体や心の障がいによって生活に困難がある全ての人に関わり基本能力(運動機能、精神機能)、応用能力(生活で行われる行為活動)、社会生活適応能力(地域活動の参加促進や就労・就学支援等)の維持・改善を図ります。

急性期における作業療法士の役割は日常生活に必要となる諸機能の改善のために種々の作業及び手技療法を手段に用いて治療を行っています。

私たち今市病院の作業療法士は『その人がその人らしい生活』を一日でも早く取り戻せるよう生活の再構築を早期からイメージできるようになることを常に考え、在宅復帰や回復期・維持期へとその人の人間性が損なわれないよう繋げることを大切にしています。




学術・研修

私たちは栃木県日光地区におけるリハビリテーション医療の中核的病院として、高度で専門的かつ総合的なリハビリテーション医療を提供できるよう、スタッフ一同が資質の向上を目指して努力しています。

リハビリテーションには生理学、運動学、解剖学に対する深い知識はもとより、臨床医学に通じる知識と技術が必要であるため学術大会、各種研修会・セミナーへ参加し、専門性を高めています。また、参加費の助成等において全面的な支援を行っています。

教育

私たちは自分たち自身はもちろんのこと、後進の育成にも力を入れて取り組んでおります。理学療法士・作業療法士また、セラピストを目指す学生が将来において院外の施設、一般社会にも適応する自律した専門職としての教育を行います。リハビリテーション科内において、症例検討会や各種勉強会、実技訓練の場などを日光野口病院と連携し実施しています。

ソーシャルリハビリテーション

退院される患者さんに対しては安全に、『その人がその人らしく』いきいきと生活が送れるように、医療(他院や施設との連携)や介護保険制度、福祉と生活に携わる人々や機関・組織がリハビリテーションの立場から協力しあって行うことを心掛けています。

社会資源

心身に障がいを受け『生活障がい』を抱える患者さん及び家族の多くは不安や心配を感じているものです。常に私たちは目の前にいる患者さんや家族が何らかの『生活障がい』を抱えて生活しているということに気を配りながら関わっていかなければなりません。人的資源、物理的資源、施設的資源等、患者さん及び家族が心身の安定を最大限図れるよう社会資源の活用、かつ適切に利用できるよう支援していきます。

社団医療法人明倫会 今市病院
〒321-1261 栃木県日光市今市381番地
TEL:0288-22-2200
FAX:0288-21-1315
Copyright (C) Imaichi Hospital. All Rights Reserved.
プライバシーポリシーについて