院長 長岡正範

昭和49年・順天堂大学卒
専門:神経内科、リハビリテーション科
資格:神経内科・リハビリテーション科専門医ならびに指導医
抱負: 日光の地を知り、地域の患者さんの生活を理解して病院の機能を十分に発揮するよう努めたいと思います。福島前院長の掲げた全人的医療を目指し、患者さんと同じ目線での医療、最後まで患者さんの人間としての尊厳と誇りを守る医療を目指します。
また、医療の質をさらに向上するためにスタッフの経験を地域の医療機関の間で、共有するよう地域医療連携に取り組んで行きたいと思います。


副院長 目黒浩昭

平成3年・自治医科大学卒
専門:総合診療・地域医療(もともとは外科医ですが地域の要請に応えて総合診療を)
資格: 外科専門医、プライマリケア指導医、臨床内科認定医
日本医師会認定かかりつけ医・産業医・健康スポーツ医
難病指定医、身体障害者福祉法指定医、ケアマネージャー
抱負:
@長年の地域医療の経験で培った総合診療の経験をいかし、患者さんの背景に十分配慮しながら、全体に配慮したバランスのとれた医療の提供を目指しております。
A患者さんやご家族の価値観に合致した医療を模索しております。
Bその提供が可能となるよう、常に医療の質の向上には貪欲に取り組んでまいります。

鈴木大雅

昭和62年獨協医科大学卒業
同年獨協医科大学病院、リハビリテーション科入局
平成20?22年米国National Institutes of Health(国立衛生研究所), National Institutes on Aging留学
帰国後再度獨協医科大学病院勤務
平成30年4月日光野口病院勤務

専門:リハビリテーション科
資格:リハビリテーション専門医、産業医
趣味:バンド活動

私は平成15年11月に日光野口病院が開業する際に縁あってリハビリテーション科の立ち上げに参加させて頂き、その後も長年パート勤務医としてリハビリ部門に関わって参りました。大学病院退職後日光野口病院リハビリ回復期病棟の担当医及び明倫会リハビリテーション部部長を仰せつかりました。急性期・回復期・慢性期のリハビリを看護師、セラピスト、ソーシャルワーカーなどとコンタクトを取りながら淀みなく提供できるような取り組みを明倫会全体とて実践して参りたいと思います。

社団医療法人明倫会 日光野口病院
〒321-1424 栃木県日光市野口445
TEL:0288-50-3111
FAX:0288-50-3112
Copyright (C) Nikko Noguchi Hospital. All Rights Reserved.
プライバシーポリシーについて